menu

摘出手術(LOVE法など)

このページでは、頚椎椎間板ヘルニアの摘出手術(LOVE法など)について紹介します。

摘出手術のなかの代表的な手術法「LOVE法」

患部をじかに見ながらヘルニアを切除する手術

椎間板ヘルニアの摘出手術で代表的な手術法です。全身麻酔をかけてヘルニア部分を数センチほど切開し、飛び出してしまった髄核を除去。手術時間は長くて1時間ほどですが、切開幅が大きいので傷口の回復が難しく入院日数は2~4週間と長めなのが特徴です。また再発や合併症、後遺症を引き起こすリスクが数%あります。

手術が必要になるケースとは?

ヘルニアは自然に小さくなったり、吸収されたりするケースがあり、患者のほとんどが保存療法で治療をします。ただし保存療法で効果が得られない場合や、診断の時点で四肢の麻痺症状・排尿障害が現れている場合などは、外科手術が有効的です。LOVE法は特別な技術や器具を必要としないため、多くの病院で採用されています。

LOVE法のメリット

  • 視野を広く保った状態で手術が行えるため、万が一のときでも対処がしやすい
  • 特別な技量の必要がないため、全国各地の病院で受けられる
  • 椎間板ヘルニアに付随する疾病に対して手術を併用しやすい

LOVE法のデメリット

  • オペ後3日程度は安静状態が続くので、筋力が低下しやすく、リハビリに時間がかかる
  • 切開部分が大きいため回復に時間を要するほか、傷跡が残りやすい
  • 抜糸までに時間がかかるため、入院期間が長引くため費用が高くなる

LOVE法の手術の流れ

  1. 全身麻酔をかける
    全身麻酔を患者にかけて、動かない状態を作ります。
    LOVE法は神経に近い位置にある部位を切除するので、患者の少しの動きでも非常に危険が伴う手術です。そのため、局所麻酔ではなく全身麻酔を行ないます。
  2. 後ろ側から5cmほど切開
    直視下で行なうため、ほかの手術法に比べて大きく切開します。5cmという幅は、ヘルニアの部分を確実に切除するために必要な幅です。最近ではもっと切開幅を狭めたMicro Love法と呼ばれる方法も行なわれています。
  3. 頸椎の一部を削り神経を圧迫している箇所が見えるようにする
    神経を圧迫している部分は、骨の内側にある髄核という部分です。髄核は骨が周りにあり、そのままでは切除が困難なため、骨を少し削り髄核が見えるようにします。
  4. 神経を圧迫している髄核を切除・摘出
    神経を圧迫している髄核が露出したら、飛び出している部分を直接切除し、摘出します。
  5. 切開部分を縫合して終了
    神経を圧迫している部分の摘出が完了したら、切開部分を縫合して完了となります。

LOVE法の手術動画

LOVE法の手術の様子が下の動画で確認できます。動画は腰椎椎間板ヘルニア手術のものですが、手順などは参考になるでしょう。実際の手術動画のため、血が出る場面や切除シーンがあります。苦手な人は注意してください。

LOVE法を行うクリニック

LOVE法は特別な技術や器具を必要としないため、受けることができるクリニックは日本全国に多数あります。しかし症例数などで比較した結果、当サイトで紹介している「名医がいる病院5選」にはLOVE法の病院は入りませんでした。

TOPでは、軽~中等度におすすめのPLDD手術、重度におすすめの内視鏡化手術が受けられる病院を紹介しています。また、各エリアの病院紹介ページではLOVE法を扱っている病院を多数紹介。ヘルニアで悩んでいる方はお近くの病院をぜひチェックしてみてください。

そのほかの切開手術

頚椎椎間板ヘルニアの摘出手術では、飛び出してしまった髄核の一部を切除し、神経紺へかかる負担を減少させる手術です。LOVE法のほかにMED法(内視鏡視下手術)やMD法(顕微鏡視下手術)、PN法(経皮的髄核摘出術)などがあります。

MED法(内視鏡視下手術)

LOVE法とほぼ同じ手術方法ですが、内視鏡を使うのが異なる点。全身麻酔をかけて皮膚を切開し、内視鏡と外筒管を挿入。内視鏡モニターを見ながら髄核を摘出します。切開が小さいことからも、術後の痛みも少なく回復が早いです。感染や合併症のリスクも低いのですが、高度な医療技術が必要となります。

入院日数 1~2週間
傷跡 目立たない
費用 保険適応で約25万円

MD法(顕微鏡視下手術)

全身麻酔をかけ1.5cm~3cm程切開。その後ヘルニアを摘出。この際顕微鏡を使用します。侵襲度が非常に低く、感染や合併症のリスクが低い身体にやさしい手術です。ただ、高度な医療技術が求められるため、これができる病院は限られています。

入院日数 1~2週間
傷跡 目立たない
費用 保険適応で15~30万円

PN法(経皮的髄核摘出術)

局所麻酔をかけ、X線透視下(もしくはMR透視下)で確認しながら行なう手術です。5mmほど切開し細い管を椎間板まで差し込み、特殊な鉗子を通して髄核を摘出。キズが小さく後遺症の心配も少ないのですが、その成功率は60~70%程度となっています。

入院日数 0~2日間
傷跡 目立たない
費用 保険適応で10~20万円

参考サイト・参考文献

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

頚椎椎間板ヘルニアの治療方法

TOP