menu

聖隷佐倉市民病院

頚椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院「聖隷佐倉市民病院」について紹介しています。

聖隷佐倉市民病院の強み&頚椎椎間板ヘルニア治療の特徴

聖隷佐倉市民病院

引用元:聖隷佐倉市民病院公式HP(http://www.seirei.or.jp/sakura/)

脊椎疾患の専門として多数の症例を治療

2004年に国立佐倉病院から経営移譲した聖隷佐倉市民病院は、これまで1300例以上の脊椎手術を行なってきました。総合病院として多くの診療科を備えており、整形外科には頚椎椎間板ヘルニアをはじめとして、頚椎症や変形疾患などの脊椎疾患の治療に特化した「せぼねセンター」を設置し対応しています。小児や高齢者など年齢を問わず治療に当たり、近隣の地域だけでなく遠方からも足を運ぶ人がいるそうです。

常に最先端医療を意識したハイレベルな治療

研究活動や学会発表、共同研究などにも積極的に取り組み、院内ではスタッフの勉強会を行なうなど、常に最新の知識や技術を取り入れハイレベルな治療を目指しています。

その治療は、投薬やリハビリなどの負担が少ないレベルから、ブロック注射や手術を必要に応じて行ないます。手術は顕微鏡下手術や低侵襲手術が主流。県内初のナビゲーションシステムを導入し、世界最先端のコンピューターによる低侵襲手術を可能にしています。また、骨粗鬆症などの衰退骨折にはバルーン椎体形成術を行なっています。

リハビリテーションも充実していて、脊椎疾患に対しては医師だけでなく理学療法士や看護師、作業療法士、薬剤師など経験豊富なスタッフが、チームでその治療に当たるそうです。

聖隷佐倉市民病院の頚椎椎間板ヘルニアの名医

小谷敏明医師

小谷敏明医師は、脊椎・脊髄外科・側弯症を専門にする、院長補佐兼医療安全管理室長。日本脊椎脊髄病学会認定指導医、日本整形外科学会専門医・リウマチ医・スポーツ医・脊椎脊髄病医日本リハビリテーション学会認定臨床医、国際側弯症学会(SRS)メンバーです。

小谷敏明医師が得意としている専門領域は脊椎・脊髄外科・側弯症で、院長補佐のほか、聖隷佐倉市民病院の医療安全管理室長も務めています。日本脊椎脊髄病学会認定指導医や、日本整形外科学会専門医、リウマチ医、脊椎脊髄病医など、複数の学会から専門として認められている実力者です。また、小谷医師は日本リハビリテーション学会の認定臨床医でもあります。治療後にリハビリが必要な場合にも、きっと頼りになるでしょう。

頚椎椎間板ヘルニア
各治療法の名医まとめを見る

所属学会

  • 日本脊椎脊髄病学会
  • 日本整形外科学会
  • 日本リハビリテーション学会
  • 国際側弯症学会(SRS)

佐久間毅医師

佐久間毅医師は、脊椎・脊髄外科・側弯症・頚椎・脊髄疾患・内視鏡下手術を専門にする、せぼねセンター長兼整形外科副部長。日本整形外科学会専門医・認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医、国際側弯症学会(SRS) 会員です。

佐久間毅医師が得意としている専門領域は脊椎をはじめ脊髄外科、側弯症、頚椎、脊髄疾患、内視鏡下手術です。その専門的知識が認められ、せぼねセンター長兼整形外科副部長を任されています。日本整形外科学会専門医や認定脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会認定 脊椎脊髄外科指導医など、複数の学会から認定意の資格を得ているためその実力は折り紙付きです。

頚椎椎間板ヘルニア
各治療法の名医まとめを見る

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本脊椎脊髄病学会
  • 国際側弯症学会(SRS)

小谷敏明医師と佐久間毅医師と聖隷佐倉市民病院の口コミ・評判

  • ヘルニアの治療に訪れました
    ヘルニアの影響によって左足に運動障害が現れてしまったので、こちらの病院で受診することにしました。検査の結果、手術で改善できるということで治療を決意。先生は治療に関する不安や質問に真摯に向き合ってくれたので、安心して治療をすることができました。
  • ヘルニア治療を引き続きお願いする予定
    主人ヘルニアの時に診てもらった佐久間先生にお願いしようと思ったんですが、都合が合わずに断念…。だけど、他の先生の治療も丁寧で、とても親身に対応してくれましたよ。今回は痛み止めのみを受けて、歩いているときの痛みはほとんどなくなりました。今後治療をする予定ですが、引き続きこちらにお願いしようと思っています。
  • 先生の対応が好印象
    慢性的な腰痛に耐えかねて他の整形外科を受診しましたが、診察が雑な感じがしました。痛みの原因もよくわからないままだったので、セカンドオピニオンとしてこちらを受診。診断の結果、坐骨神経痛とヘルニアであることが判明しました。原因がはっきりと分かり、先生の対応も良かったので、こちらに受診して良かったです。
  • きちんとした説明で不安が軽減
    治療への説明だけでなく、症状への説明もしっかりと行なってくれたので不安が無い状態で、治療に臨むことができました。先生だけでなく治療にあたるスタッフさんの対応も良かったので、聖隷病院にして良かったと思います。
  • 設備が整っていて、清潔感もあります
    以前入院したことがあるのですが、設備が整っており看護師も多かったので、安心して入院することができました。病院内はキレイだったし、定期的に掃除をしていていつも清潔感が保たれていましたよ。

聖隷佐倉市民病院の基本情報

対応可能な治療方法 最小侵襲脊椎安定術(MISt:ミスト)、低侵襲腰椎前方固定術、内視鏡下椎間板ヘルニア摘出術、BKP、脊髄刺激療法(Spinal Cord Stimulation: SCS) など
実績 脊柱変形(側弯症、成人脊柱変形など)109件、頚椎疾患(頚椎後縦靭帯骨化症、頚椎椎間板ヘルニアなど)43件/2015年※1
※1 聖隷佐倉市民病院公式HPより(http://www.seirei.or.jp/sakura/activity/54.html)
所在地 千葉県佐倉市江原台 2丁目36番2
診療時間 8:00~11:00
休診日 日・祝日・年末年始休診

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

関東の頚椎椎間板ヘルニアの名医【東京・千葉近郊】

TOP