menu
頚椎椎間板ヘルニアの名医を探せ » No.1頚椎椎間板ヘルニア名医による治療体験談

PLDD施術実績No.1!頚椎椎間板ヘルニア名医による治療体験談

このカテゴリでは、実際にPLDD手術を受けた人たちの体験談を紹介しています。

PLDDは有効な治療法のひとつ

一般的なヘルニア手術の体験談には、具体的な症状や実際の生活でどのような不便があるのか、回復のスピードやリハビリ内容といったことに言及しているお話もあります。

実際に自分が手術を受けた場合、考えている以上に面倒なことも多いと思いますので、事前に情報を集めておくのは大切です。手術する範囲が広くなるほどに術後の回復状況は違うので、できるだけ自分の状態に近い体験談を探すことをおすすめします。

ただし、一般の手術を違い、周りにPLDD手術の体験者がいない場合もあるでしょう。そのため、このカテゴリではPLDD手術体験者の症状や日常生活の不便さに焦点を当て、PLDD手術が有効な治療法のひとつであることを紹介できればと思っています。自分と同じ症状を抱えた人がどんな気持ちでPLDD手術に臨んだのか、そして手術内容やその後の症状の改善結果を事前に知っておくだけで、精神的にも落ち着くのではないでしょうか。

また、手術を受けるご本人も当然のことながら、ご家族の方にもぜひ読んでいただき、治療に際して理解を深めていただければ、情報を共有できて、日常生活の中で症状の改善に役立つのではないかと思っています。さらに、セカンドオピニオンを求める際にも、ご自身に情報があるかないかで、検討する選択肢も増えるので、完治する確率も必然的に高くなります。

人によって置かれた状況や環境はさまざまですが、その症状によってどれだけ自分の生活に支障があるかを把握して、日常生活に支障をきたすのであれば、手術をすることを考えなければなりません。

とはいえ、手術となれば簡単に一歩を踏み出せない人が多いはずです。そうした不安を解消すべく、ヘルニア治療を受けたさまざまな人の体験談を集めました。それを読んで、じっくり検討されることをおすすめします。

頚椎椎間板ヘルニアの
減圧手術(PLDD法など)とは?詳しく解説

LOVE法は摘出手術の中で最も一般的なヘルニア治療法

頚椎椎間板ヘルニアの摘出手術とは、文字どおり、メスを使って患部付近を切開し、痛みの原因となっている髄核を除去する手術のこと。全身麻酔下の中で、1時間ほどで手術が終了します。

摘出手術にはいくつかの手法がありますが、それらの中でも、もっとも一般的で、かつ古くから行われている手法がLOVE法。医師の目視で行う術式を、そのままLOVE法と言い、手術用顕微鏡を用いながら行なう術式をマイクロLOVE法と言います。近年では、マイクロLOVE法が広く普及しているため、手術の安全性も高くなったと言われています。

しかしながら、実際に手術を受ける患者さん、またそのご家族の方にとっては、脊椎付近にメスを入れる手術と聞くと、きっと不安になることでしょう。かつては手術中に神経を損傷してしまい(手術に失敗してしまい)、麻痺などを残した患者さんも見られたようです。そのような背景もあるため、特に年配の患者さんの中には、摘出手術を受けることに躊躇してしまう方もいることでしょう。

しかしながら、少なくとも現在においては、LOVE法による失敗例はごくわずか。基本的には安全な手術と考えて差し支えありません。

以下では、頚椎椎間板ヘルニアの摘出手術を受けた方からの体験談・口コミをご紹介しています。手術を検討している方にはよく読んでいただき、慎重に手術の決断の可否を検討してください。

頚椎椎間板ヘルニアの
摘出手術(LOVE法など)とは?詳しく解説

各種の切開手術の中でもメジャーな術式「前方除圧固定術」

頚椎椎間板ヘルニアの切開手術にはいくつかの種類がありますが、中でも代表的な術式が前方除圧固定術。首の前から切開して治療を行う方法です。

切開してあらわとなった患部において、骨や靭帯などを切除。神経への圧迫を取り除いたうえで、金具や患者の自家骨を利用して切除した骨を固定します。

このように説明をすると、かなり恐ろしい手術にも感じられますが、整形外科の現場では、決してレアな手術ではありません。症例の豊富な医師が執刀すれば、後遺症などが残るリスクもほとんどないでしょう。

ただし、リスクは低めの手術とは言っても、体への侵襲が大きい大掛かりな外科手術であることに間違いはありません。よって、術後の経過にもよりますが、通常は1ヶ月ほどの入院が必要です。仕事や日常生活に大きな支障をきたすことを避けられないでしょう。患者さんご自身やご家族のライフスタイルもよく考慮のうえ、切開手術の選択の可否を検討してください。

以下では、頚椎椎間板ヘルニアの切開手術を受けた方からの体験談・口コミをご紹介しています。熟読したうえで、果たして本当にご自身に合った手術なのかを、よく検討してみると良いでしょう。

頚椎椎間板ヘルニアの
切開手術とは?詳しく解説

保存療法は切らない治療法全般のこと

PLDDのほかにも、頚椎椎間板ヘルニアの治療法があります。直接切開を行う方法と、切開を行わずに治療する保存療法の2つ。そのなかでも一般的なのが保存療法です。

保存療法とは投薬治療や民間療法などの、手術治療を行わない治療全般のこと。クリニックに限らず整体・整骨院や鍼灸院で頚椎椎間板ヘルニアの治療を行っているところもあります。

頚椎椎間板ヘルニアの保存療法の多くは、手術療法のように神経の圧迫を取り除くような直接的な治療ではありません。ヘルニアの痛みを緩和させることが治療の主な目的なのです。

医師がすすめる主な保存療法は注射療法、薬物療法、リハビリ療法となります。装具を使った治療法も保存療法の1つです。首の骨を引っ張る牽引療法を行っているところもあります。これらはクリニックで行われる治療で、整体・整骨、鍼灸といった治療法は民間療法に近いといえるでしょう。

実は、医師のほとんどが手術療法ではなく、保存療法による治療をすすめています。痛みが強い場合、重度の症状であると診断される場合以外では、手術療法をすすめることはほとんどないといってよいでしょう。

保存療法は決定的な治療法とはいえない

頚椎椎間板ヘルニアにおける保存療法は、必ずしも決定的な治療法とはいえません。痛みを和らげる効果が期待できる治療法ですが、完治する治療法とはいえないのです。

保存療法を受けた方のなかには、なかなか治療の効果が出ないという方も多いのではないでしょうか。

そこで、こちらでは保存療法で頚椎椎間板ヘルニアの治療を行った方の体験談を集めてみました。

体験された方のほとんどは複数の保存療法を経験しています。症状に合わせて治療を変え、痛みを緩和させているのです。

投薬治療から注射、装具療法、リハビリまですべて行ってもなかなか思ったような効果がでない…。その場合は、保存療法だけでは改善されないほど症状になっている可能性があります。いくつかの保存療法を試しても改善が見られない場合は、手術療法をはじめとした別の治療法を考えたほうが良いでしょう。

頚椎椎間板ヘルニアの治療をお考えの方は、保存療法を受けるか手術治療を受けるか迷っている方もいるのではないでしょうか。どの治療を受けるべきか悩んでいる方、また今の治療を受け続けるべきか悩んでいる方のために、治療を受けた方の失敗例をまとめたので、ご覧ください。結果的に失敗してしまったという方たちの体験談ではありますが、どの手術を受けるべきかを決めるヒントになると思います。

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

No.1頚椎椎間板ヘルニア名医による治療体験談

TOP