menu

大阪厚生年金病院

このページでは、頚椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院「大阪厚生年金病院」について紹介しています。

大阪厚生年金病院の強み&頚椎椎間板ヘルニア治療の特徴

大阪厚生年金病院公式HP

引用元:大阪厚生年金病院公式HP(https://osaka.jcho.go.jp/)

大阪市西部で高度な医療を提供

大阪厚生年金病院は、厚生年金保険法に基づいて1953年に設立。大阪市西部地区での地域医療支援・基幹病院の役割を担う病院として機能しています。開院以来、多くの脊椎手術を手がけてきた日本有数の脊椎治療の病院として、手術室や病棟のスタッフの知識・技術も高く安心して治療に専念できる環境が整っています。

腰部脊柱管狭窄症に対しては除圧術(椎弓切除)を、すべり症に対しては金属製の材料をしようした固定術を行っています。頚椎病変に対しては椎弓形成術で治療を行っています。また、最近では腰椎椎間板ヘルニアに対する内視鏡下椎間板摘出術にも対応しています。

5つのセンターで形成される整形外科

整形外科には、脊椎外科センター、人工関節センター、リウマチセンター、手の外科・外傷センター、スポーツ整形センターとあります。脊椎外科センターでは、脊椎疾患を専属のスタッフが担当しています。。対象疾患は腰椎・頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症性脊髄症、後縦靱帯骨化症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、リウマチ性脊椎炎、透析性脊椎病変、脊椎・脊髄腫瘍など多くの症状に対応しており、ほぼ脊椎・脊髄外科疾患に対応しています。

大阪厚生年金病院の頚椎椎間板ヘルニアの名医

冨士武史医師

脊椎外科・腰椎すべり症・頚椎外科が専門の副院長。大阪大学医学博士で、厚生省第10回補装具適合判定医師研修会終了医師。日本整形外科学会専門医・認定リウマチ医・スポーツ認定医・認定脊椎脊髄病医、日本リハビリテーション医学会認定臨床医・専門医、日本リウマチ財団リウマチ登録医、日本リウマチ学会リウマチ認定医、そして日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医です。

冨士武史医師は、脊椎疾患を専門としているドクター。頚椎手術について、多くの書籍を執筆しているため、手術については多くの知識と技術を持っている名医と言えます。さまざまな資格を取得しており、中にはリハビリテーションに関する資格も。手術のみならず、術後のリハビリのサポートも期待できそうです。

冨士医師が得意としているのは、ヘルニア疾患の治療の中でも、メスを入れる施術。重度のヘルニアには有効ですが、術後にはどうしても入院や、会社を休む期間が必要です。ヘルニアの症状が軽~中程度であれば、日帰りで手術を受けられるレーザー治療といった他の方法も視野に入れるといいかもしれません。当サイトでは、その他の治療法についてもまとめているので、ほかの治療法も知りたいという方は是非参考にしてみてください。

頚椎椎間板ヘルニア
各治療法の名医まとめを見る

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本リウマチ学会リウマチ認定医
  • 日本脊椎脊髄病学会

冨士武史医師と大阪厚生年金病院の口コミ・評判

冨士医師のものとわかる口コミはありませんでしたが、大阪厚生年金病院の口コミ・評判はありましたので、まとめています。良い病院との声が多く、ヘルニア患者にも好評のようです。

  • 専門医が多く在籍している大病院!
    担当された医師の方はすごく優秀だと思いました!その理由は、診察が的確で、納得のいく説明をしてくださったからです。治療をはじめると症状がどんどん改善されていきました。診察、手術、入院、リハビリに至るまですべてがスムーズでストレスなく過ごせました。
  • 安心してお任せできました!
    私の母が「腰部脊柱管狭窄症」になり、持病もあったので不安だらけでした。少しでも良い病院で治療を受けさせたいという思いから、この病院へ。受けた手術は無事に成功し、母も痛みが改善されたようです。この病院にして良かった!
  • 良い病院で良い医師がいる病院だと思う
    整形外科に限っての意見になりますが、手術が多く、たくさんの症例を経験された先生が多く在籍している病院です。そのぶん、先生の腕は良く、さまざまな手術を多く行なっている病院だと思いますよ。
  • 椎間板ヘルニアの手術を受けました
    以前、病院の名称が変わる前に、椎間板ヘルニアの治療をしました。入院生活は快適に過ごせましたよ。ですが、いまだに腰痛に悩まされているので、治療を続けています。
  • 保存的治療でヘルニアが改善しました
    医療関係者からも評判が良いようで、他院で大阪厚生年金病院を紹介されたため受診しました。先生や看護師さんは事務的な対応ですが、診断や治療は本当に的確でした。他の医院ではヘルニアの手術が必要だと言われましたが、大阪厚生年金病院では手術は必要ないとの判断を受け、保存的な治療を受けることに。その結果、見事に病状が改善したので、本当に感謝しています。病院の環境もとても良く、支払が機械で完了したり、待ち時間が長くなかったり、周辺にコンビニや飲食店が充実していたりと、通院もしやすい病院です。
  • 安心して入院できました
    福島区には大きくて綺麗な病院が多いですが、その中でも大阪厚生年金病院は特におすすめです。整形外科の先生は名医で、プロのアスリートも受診しているようで信頼できます。建て替えてからはさらに綺麗な病院になって、入院した際にも清潔感があって、衛生面でも安心できました。病棟に入るときには強固なセキュリティがかかっているので、安全面にも全く問題ありません。担当医の先生や看護師さん、スタッフの方の対応はとても親切でしたが、病院は建て替えられていても、施設内の機器はそのままなので、対応していない検査や治療などもあるようです。
  • 待ち時間は長いですがとてもおすすめです
    整形外科には名の知れた名医がたくさんいます。数年前にこちらでヘルニアの手術を受けたのですが、看護師さんも皆さん対応が良く、専門スタッフの方もとても気さくな方ばかりだったので、入院中には何のストレスも感じられませんでした。体も調子が良くなり、すっかり痛みもなくなったことが本当に嬉しいです。院内の清掃も行き届いていて、衛生面でも安心できる病院でした。ただ、大きな病院で人気があるので、待ち時間が長いことだけがネックです。

冨士武史医師の著書

専門医の整形外科外来診療

引用元:南江堂(http://www.nankodo.co.jp/g/g9784524258369/)

専門医の整形外科外来診療

経験豊富な医師が、同じ専門医として働く医師に向けて作成した外来診療のガイドブック。患者さんの症状から診断方法、100名を超えるスペシャリストたちの臨床経験からうまれた知識をまとめた1冊となっています。

整形外科看護の知識と実際

引用元:メディカ出版(https://www.medica.co.jp/catalog/book/1472?e_flg=0)

整形外科看護の知識と実際

整形外科の看護にあたるスタッフのために、著者である冨士武史が編集をした1冊です。整形外科の特徴から脊椎、股関節といった身体の部位に関する知識、治療の流れ、看護の仕方までまとめられています。

整形外科研修なんでも質問箱145

引用元:引用元:南江堂(http://www.nankodo.co.jp/g/g9784524240258/)

整形外科研修なんでも質問箱145

整形外科の若手医師の日々の診療や治療、救急の患者さんに対して抱くであろう疑問をまとめています。冨士武史医師をはじめとした、本の編集に関わってきた著者が、指導医として後輩を指導してきた経験をもとに執筆しました。

冨士武史医師の記事

ロコモ予防(上)生活に支障 兆候チェックを

この記事では、「ロコモティブシンドローム」という骨や椎間板などに異常が出ることで、日常生活に支障が出ることについて紹介し、要介護状態になることを予防する活動についてまとめています。

参照元:ヨミドクター(https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150115-OYTEW58772)

大阪厚生年金病院の基本情報

対応可能な治療方法 頚椎椎弓形成術、腰椎椎体間固定術PLIF、内視鏡下髄核摘出術
実績 前方固定術7件 椎弓形成術104件 後方固定術4件/2014年
※大阪厚生年金病院公式HPより(https://osaka.jcho.go.jp/sekitui/)
所在地 大阪市福島区福島4-2-78
診療時間 初診受付8:30~11:30、再診受付8:00~11:30
休診日 土曜・日曜・祝日・年末年始

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

近畿の頚椎椎間板ヘルニアの名医【大阪・京都近郊】

TOP