menu

北野病院

このページでは、頚椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院「北野病院」について紹介しています。

北野病院の強み&頚椎椎間板ヘルニア治療の特徴

北野病院公式HP

引用元:北野病院公式HP(http://www.kitano-hp.or.jp/)

医学研究所も備えた総合病院

北野病院は、京都大学医学部と連携して最先端の治療を実施している総合病院です。院内には医学研究所も併設され、さらに高いレベルの医療を提供するために日夜研究を行なっています。

北野病院の整形外科は、頚椎椎間板ヘルニアの治療で定評があります。担当する脊椎外科では年間250例近い手術実績があり、なかでも腰椎の手術数は大阪市内でも五本の指に入るほどだそう。また、頚椎の手術は最新のコンピューターナビゲーションを導入しており、さらに安全性の高い手術を行っています。間接鏡手術や脊椎内視鏡手術など、多岐にわたって脊椎疾患に対応しています。

脊椎外科以外にも、間接外科やスポーツ整形外科、上肢と手の外科があり、それぞれ専門医が担当して治療に当たっています。複数の専門医がそれぞれ専門分野の治療に当たるため、安心して自分の症状に合った治療を受けることが可能です。

他院との連携も

他院に通院しているけれど、手術は北野病院でやりたいという場合では、地域医療サービスセンターを通じて専門外来の予約がとれます。その際には、紹介状と画像データ、服用している方はお薬リストを持っていってください。症状が落ちついた頃、元の医療機関への通院に切り替えることも可能なので、遠方の人にも適切な治療を受けることができます。

また、セカンドオピニオン外来といった相談窓口もあるので、これまでの診断や治療、症状などについて詳しく聞くことが可能。納得のいく質の高い治療を希望する人にはぴったりです。

北野病院の頚椎椎間板ヘルニアの名医

松田康孝医師

北野病院の副院長で、整形外科、リハビリテーションセンター、医療安全管理部長も兼ねています。医学博士、日本整形外科学会整形外科専門医、京都大学医学部臨床教授、関西医科大学臨床教授、中部日本整形外科災害外科学会評議員でもあります。

松田康孝医師は、頚椎椎間板ヘルニアや椎弓形成術、脊椎外科などを専門に治療を行なっているスペシャリストです。松田医師が在籍する北野病院では、最新のコンピューターシステムや脊椎顕微鏡手術を導入しています。患者に安全で負担の少ない治療を提供しているのが魅力です。

ヘルニアの治療では、保存治療法と切開法を取り入れています。特に切開法では、インプラントを使用した痛くない腰の手術を目標に取り組んでいるため、術中の痛みに不安を感じる人にとって、受けやすい手術と言えるでしょう。しかし、切開法は術後の体に負担がかかってしまうため、緩和するまで安静にしなければいけません。ヘルニアの治療には、保存療法や手術の他にも、日帰りで行なえるレーザー治療があります。ぜひ、自分に合った最適な治療を選ぶようにしましょう。

頚椎椎間板ヘルニア
各治療法の名医まとめを見る

所属学会

  • 日本整形外科学会整形外科
  • 中部日本整形外科災害外科学会
  • 日本脊椎脊髄病学会
  • 日本人工関節学会
  • 日本リウマチ学会
  • 日本リハビリテーション学会
  • 日本リウマチ関節外科学会

松田康孝医師と北野病院の口コミ・評判

※大阪・京都近郊の北野病院の名医に関する口コミは見つかりませんでした。

太田雅人医師

太田雅人医師は、北野病院整形外科の副部長を勤められています。専門領域は脊椎と脊髄病外科で、日本整形外科学会では専門医と認定脊椎脊髄病医の資格を、日本脊椎脊髄病学会では認定脊椎脊髄外科指導医の資格を保有。

特に脊椎脊髄外科指導医の資格は、多くの脊椎脊髄疾患の治療に関する豊富な経験と治療実績を持っていることが条件となっているため、頚椎椎間板ヘルニア治療の経験も豊富だと考えられます。また、脊椎脊髄病医も同じく、疾患についての豊富な知識と診療実績が要求される資格です。整形外科専門医試験に合格した後、脊椎脊髄病医としての研修を受ける必要があり、さらに資格保有を維持するためにも知識や技術の向上が求められています。

この2つの資格を保有していることから、脊髄脊椎疾患に関して信頼の置ける治療を行なう医師であり、ベストな治療方法を選択してくれることが期待できます。

所属学会

  • 日本整形外科学会
  • 日本脊椎脊髄病学会

太田雅人医師と北野病院の口コミ・評判

太田雅人医師のものと確定はできませんでしたが、北野病院に関する口コミをご紹介します。

  • 患者としっかり向き合ってくれる病院
    以前整形外科を受診したことがあります。総合病院ですし待ち時間は確かに長いですが、それは患者一人ひとりとしっかり向き合おうとしてくれる先生方の方針からのようです。検査もMRIで鮮明な画像を撮ってくれたので、検査機器も最新のものを使っていると思います。ただし、紹介状がないと受付料がかかるので、他の病院から紹介状をもらったほうが良いです。

北野病院の基本情報

対応可能な治療方法 PLIF、TLIF、人工股関節置換術、腰椎前方固定術、腰椎椎弓切除術、関節外科(人工関節)、頚椎前方固定術、頚椎椎弓形成術など
実績 脊椎外科209件(うち頚椎43件)/平成28年※1
※1 北野病院公式HPより(http://www.kitano-hp.or.jp/section/seikei/cure#sinryodata)
所在地 大阪市北区扇町2-4-20
診療時間 午前9:00~、午後12:00~
休診日 第2土曜日・第4土曜日・日曜日・祝日・年末年始(12月29日から1月3日)

患者としっかり向き合ってくれる病院

以前整形外科を受診したことがあります。総合病院ですし待ち時間は確かに長いですが、それは患者一人ひとりとしっかり向き合おうとしてくれる先生方の方針からのようです。検査もMRIで鮮明な画像を撮ってくれたので、検査機器も最新のものを使っていると思います。ただし、紹介状がないと受付料がかかるので、他の病院から紹介状をもらったほうが良いです。

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

近畿の頚椎椎間板ヘルニアの名医【大阪・京都近郊】

TOP