menu

ヘルニアの種類

このページでは、ヘルニアの種類について紹介します。

ヘルニアとは、何らかの原因によって周りの組織の圧迫に耐えられなくなった臓器が、本来あるべきところからはみ出してしまう状態のことを指します。すなわち、「筋肉の隙間」や「薄い膜で覆われた部分」など組織の柔らかい部分はヘルニアになりやすい部分といえます。体のどの部分がヘルニアになりやすいのでしょうか?

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアの治療は、症状に応じて保存療法と手術療法に分けられます。 保存療法にもいろいろな治療方法があり、痛みが強い場合は痛みを感じなくするブロック注射を、薬物療法では炎症を抑えることで症状の緩和を図ります。

装具療法では、「頚椎カラー」という器具を装着することで、頸椎への負担を少なくします。

リハビリを行う理学療法では、筋肉を柔軟にし、症状を軽くすることを目的とした運動療法を行います。

これらの保存療法では症状が改善されない場合には、手術をすることになります。 以前は「前方固定術」と呼ばれる手術が主流でしたが、現在は傷が小さく、椎間板を傷めない「経皮的内視鏡手術」を行う病院が増えています。

参考:(PDF)頚椎椎間板ヘルニアの保存症例の検討[PDF]

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニアも頚椎椎間板ヘルニア同様、大きく保存療法と手術療法の2つに分かれます。

痛みを抑えるために、局所麻酔やステロイド剤を注射する「神経ブロック注射」や、鎮痛剤や筋肉を柔らかくするための薬を服用したり、理学療法では筋力を強くするための運動や、腰の牽引などを行います。

腰椎椎間板ヘルニアの手術療法には数種類あり、「後方椎間板切除術」は背中側を切開してヘルニアを切除する手術です。

「椎間固定術」は骨を金属で固定する手術方法で、腰痛がひどい時に後方椎間板切除術と一緒に手術します。

「経皮的椎間板療法」は、背中を切開せずに顕微鏡を使用して行う手術になりますが、ヘルニアのタイプによっては適用できない場合があります。

参考:(PDF)腰椎椎間板ヘルニアに対する腰椎伸展運動療法 ―MRIからみた急性・慢性患者の比較―[PDF]

鼠径(そけい)ヘルニア

脱腸とも呼ばれる鼠径ヘルニアは、ほかのヘルニアのように保存療法では有効な効果が得られないため、手術が必要となる場合が多いです。

加齢などによって筋力が衰えることで腹膜や腸が外に飛び出してきてしまうので、一時的にサポーターなどで症状を抑えることはあっても、根本的な治療にはなりません。

手術をせずに症状が悪化してしまうと、腸の組織が壊死してしまうこともありますので、症状が悪くならないうちに手術を受けることが重要です。

鼠径ヘルニアの手術方法は数種類ありますが、主流となっているのは隙間ができてしまった鼠径管や筋膜に、メッシュの線や人工補強材などを入れて、外に出てこないようにする方法です。

症状や病院によって採用する手術方法は異なることがありますので、手術となった場合にはきちんと説明を受けて理解するようにしましょう。

参考:(PDF)第13回学術集会シンポジウム 鼠径ヘルニアの手術適応と手術[PDF]

横隔膜ヘルニア

横隔膜ヘルニアは、逆流性食道炎や胸焼けなどの症状がある場合には服薬で胃酸を抑えるなどの治療を行うことがありますが、根本的に症状を改善させる場合には、手術を行う場合が多いです。

手術では、非外傷性の場合は手術前後の管理も重要なので、心臓を助ける薬を使用したり、酸素吸入を行うなどして呼吸や循環器の状態が安定してから酢術に入ります。

外傷性の場合も、非外傷性の場合も、出てきてしまった臓器を元に戻すための手術を行います。

人工の布を横隔膜として働かせるための手術を行うこともあります。

今までは症状のある部分を切開して手術をしていましたが、最近では腹腔鏡で手術を行うことも増えており、大きな傷を作らないで手術することも可能となってきました。

参考:(PDF)PO-200 両側先天性横隔膜ヘルニアの1例(心に残る症例・横隔膜ヘルニア,ポスターセッション,病気の子供達に笑顔 小児外科に夢そして革新を,第47回 日本小児外科学会学術集会)[PDF]

脳ヘルニア

脳ヘルニアは、頭蓋内圧の圧迫を改善する必要があるため、症状に応じていろいろな方法で治療を行います。

例えば、脳から心臓への血液の流れを改善するために、「頭部挙上」という治療を用いたり、脳の中にある水分を尿として排泄することで頭蓋内圧を下げる「脱水剤」を用いた治療などが挙げられます。

そのほか、「低体温療法」では脳の代謝を抑えたり、興奮性アミノ酸放出の抑制を図りながら脳の血液量を減少させ、頭蓋内圧を下げます。

低体温療法は、感染症などの合併症を予防するために低体温療法を用いるケースが多いです。

「バルビツレート療法」は、静脈麻酔を使用して脳の代謝を低くしたり、細胞膜を安定させる治療になります。

参考:(PDF)単純性脳ヘルニアの一例[PDF]

ヘルニアになりやすい部位と症状・治療法

頚椎椎間板ヘルニア

頚椎は頚部で脊髄を中に納めている骨のことで、全部で7種類。各頚椎の間には椎間板と呼ばれる弾力のある組織があり、上下の頚椎を繋ぐ役目をしています。この椎間板の組織が壊れ、脊髄や神経根が急激に圧迫される症状を頚椎椎間板ヘルニアと呼びます。

症状
  • 首の後ろ部分の鈍痛
  • 手や肩の特定の領域に激しい激痛が走る
  • 両手両足のしびれ
  • 頭痛やめまい
治療法
  • 保存療法牽引療法
  • 温熱療法運動療法
  • PLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)
  • マイクロサージャリー(顕微鏡手術)
  • 頚椎固定術
  • 脊椎椎弓形成術

単なる肩こりと勘違いしてしまう人も多く、悪化すると広範囲に激痛が起こるようになります。ちょっとした動きでも痛みが発生し、常に頭痛に悩まされることから、うつ病を発症させてしまう人もいるようです。日常生活を送るのが困難になり、最悪、手術を受けなければいけないこともあるのですから大変です。

重症化する人の特徴としては、急に痛みが増してきたことが挙げられます。安静にしている時でも常に痛みや違和感があり、それが数週間ほど続いていたというのです。この状態は非常に危険で、なにかのきっかけで一気に重症化する可能性が大と言えます。

いかに早い段階で病院に行くことができるかが重要です。初期症状から見過ごさないようにしましょう。

頸椎椎間板ヘルニアの初期症状について詳しくはこちら

腰椎椎間板ヘルニア

腰椎は5つあり、その中には脊柱管がおさまっています。脊柱管の中には、脳からの命令を体の各部位に伝える運動神経と身体の各部位から(熱い・痛いなどの)知覚を伝える知覚神経が通っています。腰椎はクッションのような働きをする椎間板や靭帯によりつながっていますが、この椎間板が飛び出て神経を圧迫する症状が腰椎椎間板ヘルニアです。

症状
  • 腰から足にかけての痛み
  • 足のしびれ
治療法
  • 保存療法
  • コルセットによる固定牽引療法
  • 経皮的レーザー手術
  • 椎間板ヘルニア切除術

腰椎椎間板ヘルニアにおける症状は、足のしびれや腰痛から始まることがほとんど。悪化するにしたがって変化し、しびれが痛みに、下肢部分の筋力が低下してきて歩くのが難しくなってくるなど、日常生活を送るのが困難になってきます。進行させないためにも、適切な治療を受けるのはもちろん、中腰などの姿勢を避けるように心がける、ウォーキング運動、水中の歩行運動などで腰部の筋力を強くすることが大事。ただし、無理は厳禁です。

鼠径(そけい)ヘルニア

鼠径とは足の付け根の内側の部分を指します。この鼠径部の筋膜の間から皮膚の下に出てくるヘルニアを、鼠径ヘルニアまたは「脱腸」と呼ぶのです。

症状
  • 下腹部の一部が盛り上がる
  • 不快感や痛み
  • 腹痛や吐き気
治療法
  • 手で強く押さえて戻す
  • 切開手術
  • 腹腔鏡手術

お腹に力が加わると出やすいのですが、そのふくらみ具合には個人差があります。手で押したり体を横にすることでたいていは引っ込むので、ついつい放置してしまいがち。ただ、これが何度も繰り返されるようになると押しても引っ込まなくなり、歩くのが辛く感じられるように…。腸閉塞や腹膜炎なども発症しやすくなり命に係わることもあるので、重症化する前に受診するようにします。

横隔膜ヘルニア

横隔膜ヘルニアは外傷性と非外傷性の2種類があります。外傷性横隔膜ヘルニアとは胸部に大きな衝撃を受けて、横隔膜が裂けてしまい臓器が出てしまう症状のこと。非外傷性にはボックダレック孔ヘルニア、傍胸骨孔ヘルニア、食道裂孔ヘルニアがあります。

症状
  • 呼吸困難
  • 吐き気
  • ショック症状
  • 胸焼け(食道裂孔ヘルニア)
治療法
  • 横隔膜形成術
  • 縫縮補強術
  • 腹腔鏡手術

特に発症しやすいのが、後天性の食道裂孔ヘルニアです。先天性横隔膜ヘルニアは難病指定疾患となるので、状態によっては医療費補助が可能となります。立った姿勢や座っている状態では、その症状も比較的軽症なのですが、寝た姿勢では腹圧がかかって症状も悪くなりがちです。

脳ヘルニア

なんらかの原因で起こった頭蓋の中の浮腫や出血が脳を圧迫して押し出された症状が、脳ヘルニア。脳は頭蓋骨と脳膜によって固くガードされているのではみ出る場所がなく、結果として脳に強い圧力がかかった状態になります。外的損傷によるものと内的損傷(脳の病気)によるものがあります。

症状
  • 痛み、吐き気
  • けいれん、麻痺
  • 意識を失う
  • 判断力がなくなる
治療法
  • 開頭血腫除去術
  • 脳圧降下薬の点滴注射
  • バルビツレート療法
  • 低体温療法
  • 外減圧術

症状は段階的に変わっていき、最初に見られるのが瞳孔の異常です。圧力が加わった瞳孔異常が見られ、次第に呼吸が不規則に。刺激を受けることで全身の筋肉が伸びて硬直する、除脳硬直も見られるようになります。最終的には呼吸が停止し死亡することもあり、呼吸器をつけていても条件にあてはまることで脳死判定がされます。

腹壁ヘルニア

「腹壁ヘルニア」とは、お腹の壁の弱っている部分から、腹部の内臓が腹膜に包まれた状態で出てきてしまうことを指します。

初期の場合は自覚症状がほとんどなく、腹部が突出して見えることもありますが、不快感がないため気づきにくいです。

外傷や手術などによってできた傷跡や、腹壁の瘢痕から内臓が脱出する「腹部瘢痕ヘルニア」が多いといわれています。

症状
  • 腹部の膨らみ
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 腸閉塞を誘発
治療法
  • 開頭血腫除去術
  • 腹壁修復手術
  • 縫合閉鎖法
  • ヘルニアバンドを使用して脱出を防ぐ

腹圧が加わることで腹壁ヘルニアが発生しやすく、咳をしたり、排尿障害や便秘などにより腹部に力を入れていきむ、重いものを持つときに力が加わるといってことが原因となります。

ほかのヘルニアのように、保存療法で治るということはほとんどないため、手術をして瘢痕を塞ぐなどの治療を行って症状の改善を目指します。

症状がひどくなると、激しい腹痛や吐き気などの「腸閉塞」の症状が出てはじめて腹壁ヘルニアだと気づく人も少なくありません。

参考:(PDF)正中腹壁ヘルニアの一例[PDF]

臍ヘルニア

臍ヘルニアは、赤ちゃんに多い病気だといわれていますが、大人でもかかることがあり、赤ちゃんと大人では原因や症状が異なります。

いずれの場合も、見た目は「おへそ」が飛び出して「でべそ」のような状態になる点は同じです。

赤ちゃんの臍ヘルニアの発症率は8割以上といわれていて、そのほとんどが経過観察で自然治癒します。

症状
  • 腸が出ている部分が突出
  • 吐き気、嘔吐
  • 痛み
  • 腸破裂や腹膜炎を誘発
治療法
  • スポンジ圧迫法
  • 腹腔鏡下手術
  • 開腹手術

大人の臍ヘルニアは、臍から腸が突出してしまっている状態で、肥満や妊娠、腹部に水分が溜まりすぎることなどが原因で発症します。

初期では自覚症状は「でべそ」以外にはありませんが、症状が進行すると吐き気や痛みを感じることがあります。

また、腸内絞扼を起こしてしまうこともあり、腸内絞扼を起こすと患部の細胞が死んでしまい、腸破裂や腹膜炎を発症してしまうこともありますので、早めに治療を受けることが重要です。

参考:(PDF)成人臍ヘルニア嵌頓の3例[PDF]

内ヘルニア

内ヘルニアとは、ほかのヘルニアのように外見から症状が把握できるヘルニアではなく、腹腔内の陥没している部分や裂孔した部分に腹腔内の臓器が入り込んでしまっている状態を指します。

内ヘルニアの診断には、腹部単純X線写真や、CT、エコーなどを用いることが多く、特に腹部造影CTは有用です。

症状
  • 腹痛
  • 消化不良
  • 間欠性腸狭窄
  • 嵌頓から腸閉塞の誘発
治療法
  • 開腹手術
  • 症状に応じてイレウス手術など

内ヘルニアには横隔膜ヘルニアや腹腔内ヘルニア、後腹膜ヘルニアなどがあり、これらはいずれも初期段階では自覚症状はないため、発見しにくいです。

しかし症状が進行すると腹痛や消化不良などの自覚症状が出るほか、さらに悪化すると腸閉塞につながる危険性もあるので、発見したら速やかな手術が重要になります。

手術は症状に応じて、開腹手術やイレウス手術など適性な方法を用いて行います。

参考:(PDF)内ヘルニア手術症例7例の検討[PDF]

閉鎖孔ヘルニア

閉鎖孔ヘルニアは、骨盤にある「閉鎖孔」という穴に腸が出てしまう状態を指します。 痩せている高齢の女性が発症しやすいといわれているほか、骨盤の右側に発症しやすいともいわれています。

初期には自覚症状が少ないので発見しにくく、腸閉塞を誘発してから吐き気や腹痛などを覚えて診察を受け、発見されることが多いです。

症状
  • 初期自覚症状が少ない
  • 症状が進行すると吐き気や腹痛がある
  • 腸閉塞を誘発
  • 太ももの内側に痛み
治療法
  • ヘルニア門の閉鎖手術
  • 腸が壊死している場合は超切除手術など

診断には腹部レントゲンやエコー検査、CT撮影などを行います。

閉鎖孔ヘルニアと診断されたら、出てしまっている腸を元に戻す手術が行われますが、症状に応じてメッシュを用いたり、筋肉を縫うなど適性な手術を行います。

参考:(PDF)男性に発症した閉鎖孔ヘルニアの2例[PDF]

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

TOP