menu

手術以外の治療法は

このページでは、頚椎椎間板ヘルニアの手術以外の治療法について解説します。

もっともスタンダードな「保存療法」

頚椎椎間板ヘルニアの治療は保存療法と手術療法の2種類。「緊急性が高い場合以外は基本的には保存療法から」が基本。頚椎椎間板ヘルニアの多くは、3週間から3ヶ月間の保存療法でよくなっていくくと言われており、症状の段階に合った治療方法と保存療法を組み合わせて、疼痛の軽減を図ります。

急性期における保存療法

保存療法の基本は、頚椎に負担をかけないこと。急性期における治療法は、安静が第一です。消炎鎮痛剤や筋緊張緩和剤など、それぞれの症状に適した薬物療法で痛みを取り除きながら、カラーなど頚椎装具を装着して首を固定し安静にします(カラーの慢性的な使用は、頚椎の筋肉を萎縮させてしまう危険もあるので、医師の指導が必要です)。

上記の治療とあわせて、同時にブロック注射する場合も。ブロック注射には神経による痛みの伝達をブロックし、血流を良くして緊張を緩和させる効果があります。

慢性期における保存療法

牽引療法や温熱療法、運動療法などの理学療法を施術します。

  • 牽引療法

首を固定し、器械などで無理のない程度にひっぱり頚椎を伸ばすことで、頚椎への荷重を軽減させ、硬直した筋肉を緩めます。

  • 温熱療法

ホットパックやマイクロウェイブなどを使って患部を温めることにより、血行を改善させ、筋肉の緊張と痛みを和らげます。

  • 運動療法

頚部を安定させるための筋力強化と、軟部組織の拘縮を和らげるストレッチがあります。ただし、保存療法はすべての方に有効というわけではありません。保存療法で軽快しない場合や、脊髄症状の進行が早い場合など、症状の程度によっては手術が必要なこともあるので、早めにMRIなどの精密検査を受けることをおすすめします。

保存療法で必ず完治できるわけではない

基本的にヘルニア治療は保存療法が先に取られますが、家事や仕事などで上下に首を動かすことが多い人などは、なかなかその効果が出ず逆に悪化してしまうこともあります。また、過度のリハビリで再発するケースもあります。

保存療法は経過を見ながら症状を改善させていくことが目的で、神経根の炎症が治まれば痛みやしびれが緩和していくもの。そのため、根本的な原因が取り除かれていないと、なんらかのきっかけで神経根に炎症を起こしてしまい、症状を再び発症させることになるのです。

初期段階のヘルニアにはPLDDも有効

軽度の頚椎椎間板ヘルニアの治療では、保存療法ではなくPLDD(経皮的レーザー椎間板減圧術)を行なうこともあります。PLDDは、局所麻酔で1mmの針を刺します。そしてレーザーでヘルニア膨隆部を熱凝固収縮させていく手術で、15分程度で時間はあまりかからず、入院の必要がない手術です。しかも、椎間板亀裂部から水を出し、神経と癒着した部分を剥離しますから、硬膜外の疼痛物質も同時に洗浄されるといったメリットもあります。

初期段階のヘルニアでも、圧力が高まっている膨脹型に向いており、高い効果を得られると言われています。レーザーで膨張した椎間板内部に空洞を作って圧力を下げるからです。ただ、重度のヘルニアになると椎間板内部から圧力で突出ができてしまうので、レーザーで圧力を下げても無駄になります。そういう意味でも、初期状態でしか意味がないのですね。

また、体への負担が少ないため、すぐにでも痛みを取り除きたいと考えている人にはありがたい治療法です。歩くのも辛かった人が、手術後には痛みを感じることなく普通に歩けるようになったという症例も。ただ、逆に痛みなどを感じていなかった人などは、はっきりとわかるような変化はないかもしれません。

手術と聞くとなんだか大変なイメージがありますが、PLDDは15分で終わる入院不要のレーザー手術です。保存療法では再発する可能性もあるため、確実に改善したい人はPLDDを受けたほうが安心でしょう。

関連するページ

頚椎椎間板ヘルニアに関する疑問を解決したい方はこちらのぺーじもチェックしてみてください。

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

頚椎椎間板ヘルニア治療のQ&A

TOP