menu
頚椎椎間板ヘルニアの名医を探せ » 頚椎椎間板ヘルニア治療のQ&A

頚椎椎間板ヘルニア治療のQ&A

このカテゴリでは、頚椎椎間板ヘルニアでよくある質問に紹介しながら、それぞれの答えについて解説しています。

頚椎椎間板ヘルニアの治療法とは?

まずは、頚椎椎間板ヘルニアとは何かを理解したうえで、その原因と症状について見ていきます。頚椎椎間板ヘルニアの症状は、ヘルニアによりどの部分が圧迫されたかによって症状が違ってくるため、症状を細かくわけて考える必要があります。そして、症状によって対処すべき治療法もまた変わってきます。

治療法には、手術療法と保存療法があり、頚椎椎間板ヘルニアの手術療法は、腰椎椎間板ヘルニアに比べると、身体の侵襲を抑える最小侵襲手術はまだまだ少ないといわれています。ここでは、4つの外科手術を紹介しながら、手術時間や切開の大きさ、出血量を比べるほか、回復時期と術後のリハビリの関係についてまとめています。

治療の順番としては、手術療法の前に保存療法が行なわれます。ただし、症状が軽快しない場合や圧迫されている部分によっては、手術療法が必要な場合もあるので、早めにMRIなどの精密検査を受けてください。

頚椎椎間板ヘルニアは誰しもかかりうる病気ですが、日頃の予防・対策が、発症や再発のリスクを格段に減らしてくれます。最大の予防法は、正しい姿勢で生活することです。具体的には、立っている状態では頭の真上から体が糸で吊られている感覚が大事。座っているときは、お尻が背もたれに密着するように深く腰掛け、軽くアゴを引きながら背筋を伸ばし、お腹を引っ込めるのがベストな姿勢です。

とはいえ、どんなに予防しているつもりでも頚椎椎間板ヘルニアが発症、再発してしまうおそれはあります。病気になって慌てる前に、日頃からご自身で信頼のできるクリニックや病院を探しておいてみてはいかがでしょうか。

治療費の相場や平均入院期間

診断による検査では、X線撮影や脊髄造影、CTscan、MRIなどが行なわれます。比較的軽症の場合では、保存的療法や安静にすることで改善される場合が少なくないのですが、麻痺や筋肉の萎縮などが見られるなど症状の進行が早い場合は手術的療法が取られることもあります。

入院の期間は、当然症状や手術の規模にもよりますが、大体20日前後。かかる費用は、1日当たり約3万円といったところです。ただ、保険が適用されますので、国民健康保険では3割負担で1日あたり約1万円。ですから、20日入院すると約60万、保険適用で約18万ほど。これに高額療養費制度が適用されると、10万以下の支払いになります。

頚椎椎間板ヘルニア治療のよくある質問

何が原因か

頚椎椎間板ヘルニアの原因はさまざま。加齢や生活習慣、事故による後遺症、そして遺伝子とさまざまな要員で引き起こされていくのです。特に、生活習慣による発症は、原因となる習慣を改めることで改善されることもあります。

検査方法は

頚椎椎間板ヘルニアの基本的な検査は、MRI検査とレントゲン写真の撮影です。さらに症状や状態に応じて、髄造影検査や椎間板造影検査、筋電図などの特殊な検査も行なわれることになります。

初期の症状は

初期症状としては、肩こりや首・後頭部の痛みがみられます。特に首を回した際に痛みがひどくなるのは、頚椎椎間板ヘルニアの特徴。場所的にも全身に影響を与える可能性が高いので、早めの受診が肝心です。

手術の痛みはあるか

頚椎椎間板ヘルニアの手術と言えば、目視下切開手術や顕微鏡下手術、内視鏡下手術、PLDD手術などがあります。これらの手術内容についてまとめてみました。

手術後のリハビリは

手術にはさまざまな方法がありますが、どの方法でやるかで術後の経過が変わってきます。リハビリの必要性も違い、リハビリ期間が長くなるものもあれば、まったく必要がないまますぐに退院できる場合もあるのです。

手術以外の治療法は

頚椎椎間板ヘルニアになってしまったからと言って、必ずしも手術をしなければいけないということはありません。保存療法という方法もあります。ただ、再発するケースもあるので、医師とよく相談する必要があります。

予防できるのか

日常生活でもできる予防法はいくつかあり、どれも簡単に取り入れられやすいものばかりです。ただ、勘違いでやってしまうと悪化させてしまうこともあるので、まずは医師に相談してからの方が安心です。

薬での治療は効果があるのか

薬物療法では、どれほどの改善効果がみられるのでしょうか?副作用の心配は?体験談も交えて、薬物療法によるメリット・デメリットをまとめてみました。

完治と再発は

頚椎椎間板ヘルニアで脊髄の神経細胞がすべて死んでしまうと、元通りに戻すことはできなくなります。また、多少なりとも後遺症が残ってしまいがちですし、再発の可能性もまったくないわけではありません。頚椎椎間板ヘルニアが良くなっても、油断せずに筋肉をいたわってあげる必要があるのです。

運動は頚椎椎間板ヘルニアの原因になるのか?

激しい運動や誤った運動は、頚椎椎間板ヘルニアの発症リスクを上げたり、症状を悪化させたりする原因だといわれています。しかし一方で、運動不足による筋力低下が頚椎椎間板ヘルニアの発症リスクを高めるとも考えられており、頚椎椎間板ヘルニアと運動の関係について正しく把握しておくことは、治療や再発予防に重要です。

頚椎椎間板ヘルニアとお風呂

温かいお風呂に入ることで、頚椎椎間板ヘルニアの症状を改善したり、痛みを和らげたりできることがあります。しかし、頚椎椎間板ヘルニアの状態によっては、入浴中の事故につながることもあり、気をつけなければなりません。頚椎椎間板ヘルニアの治療中や、再発防止に向けた入浴法について、きちんと理解しておきましょう。

頚椎椎間板ヘルニア患者の日常生活における注意点

頚椎椎間板ヘルニア患者が、普段の暮らしの中で気をつけるべき注意点は、決して少なくありません。頚椎椎間板ヘルニアの治療や再発予防に関しては、日頃の生活習慣やライフスタイルから見直していく必要があります。頚椎椎間板ヘルニアの日常生活における注意点を理解して、症状を悪化させないように心がけていきましょう。

頚椎椎間板ヘルニアになる可能性のある仕事とは?

日常的な首への負担が頚椎椎間板ヘルニアの原因としてなり得る以上、仕事の内容もまた頚椎椎間板ヘルニアの予防や再発防止を考える上で、非常に重要なポイントです。どのような仕事が頚椎椎間板ヘルニアのリスクを上げたり、また頚椎椎間板ヘルニアの症状が仕事にどのような影響を与えるのか、把握しておくことは大切です。

頚椎椎間板ヘルニアのリハビリ治療とクリニック選び

頚椎椎間板ヘルニアの患者にとって、リハビリは重要なポイントですが、誤ったリハビリ方法を行うと、症状が悪化したりヘルニアが再発したりする恐れもあります。そのため、きちんとしたリハビリ治療を行える施設を見極めて、正しい治療を受けることは、頚椎椎間板ヘルニアを治す上で絶対的に不可欠な要素といえるでしょう。

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

頚椎椎間板ヘルニア治療のQ&A

TOP