menu

藤枝平成記念病院

このページでは、椎間板ヘルニアの名医がいるクリニック「藤枝平成記念病院」ついて紹介しています。

藤枝平成記念病院の強み&特徴

藤枝平成記念病院公式HP

引用元:藤枝平成記念病院公式HP(http://www.heiseihp.com/)

地域に根差し最先端の医療を提供

患者さん第一主義をモットーに、平成元年に発足した藤枝平成記念病院。さまざまな診療科目に対応し、専門センターも数多く揃えています。常に新しい医学と医療技術の研さんに努め、最先端の医療を提供。地域社会の期待に応えられる体制を整えています。

また、医療設備は最新のものを導入。医療の原点に立ち戻り、初診から一貫した患者さんの立場に立った医療を実践しています。地域利用機関とも連携を密にし、地域完結型の医療の実現に取り組んでいるのが特徴です。

専門性の高いスタッフが脊椎脊髄疾患の治療に対応

藤枝平成記念病院には手や足のしびれ・痛み、運動障害の症状がみられる患者さんの治療を行なう脊髄脊椎疾患治療センターが設置されています。頸椎椎間板ヘルニア・腰椎椎間板ヘルニア・頭部脊椎症といった幅広い脊椎脊髄疾患の治療に対応し、治療実績も豊富です。

疾患の診断はMRIを中心とした高度な診断機器を使用。治療は手術用顕微鏡下での外科手術をはじめ、硬膜外電気刺激療法・高周波熱凝固療法・神経ブロック療法・各種理学的療法を行なっています。

専属スタッフは6名程度ですが、脳神経外科に関する知識や豊富な手術実績を持つ脳神経外科医ばかりなので高いレベルで治療を受けることが可能です。スタッフによるリハビリもセンター内で実施。高い専門性を持つスタッフが協力し合い、脊椎・脊髄疾患で悩んでいる患者さんを全面的にサポートしてくれます。神経疾患は放っておくと治療をしても元に戻らないこともあるので、気になる人は一度相談をしてみてはいかがでしょうか。

病院機能評価認定・ISO9001認定を受けている

患者さんのニーズを踏まえ、質の高い医療をスムーズに提供するためには医療機関の努力がもっとも重要と考えている藤枝平成記念病院。そのため問題点を明確にし的確な取り組みができるように、日本医療機能評価機構による第三者評価を受けています。日本医療機能評価機構は国民の健康と福祉の向上に貢献することを目的とし、科学的・中立的な第三者機関として医療の質の向上と医療の確保に関する事業を行なっている公益財団法人です。

藤枝平成記念病院は書面審査と訪問審査の結果、日本医療機能評価機構が定める認定基準を満たしていることが認められ、「認定証(一般病棟種別区分2)」を受領しています。

また、その他にも品質管理および品質保証を定める「ISO9001」も受領。患者さんは医療の質についてどのように病院を評価して良いのか難しいので、ISO9001の認定を受けていれば品質保証がされていると考えても良いでしょう。

藤枝平成記念病院の頚椎椎間板ヘルニア治療の名医

高橋 敏行医師

脊髄脊椎疾患治療センターの部長を務める高橋医師。1993年に金沢大学医学部、1999年に東北東北大学大学院を卒業した経歴を持っています。脊椎脊髄外科を専門とし、日本脳神経外科学会専門医・日本脊髄外科学会指導医・医学博士といった資格を取得。日本脊髄外科学会では理事を務めています。

脊髄脊椎疾患治療センターでは、手術治療を必要とする疾患を全般的に診断治療。経験豊富なスタッフをまとめ、適切な治療が行なえるように心がけている医師です。

頚椎椎間板ヘルニア
各治療法の名医まとめを見る

所属学会

  • 日本脊髄外科学会理事
  • 日本脊髄外科学会指導医
  • 日本脳神経外科学会専門医

高橋敏行医師と藤枝平成記念病院の口コミ・評判

  • 諦めていた腰椎椎間板ヘルニアの後遺症が改善しました
    お尻から足先までのしびれやズキズキする疼痛など、腰椎椎間板ヘルニアの後遺症に何年も悩まされていました。いくつかのクリニックで受診をしても神経ブロック注射を打たれ、鎮痛剤を処方されるばかり…。このまま後遺症と付き合って行くんだと、半ばあきらめていました。そんなとき、知人に紹介してもらったのが藤枝平成記念病院です。MRIの検査に素早く対応してもらい、薬は今までとは違うものを処方されました。副作用もほとんどなく、疼痛も軽減できて良かったです。高い専門性を持ち最先端治療を行なう、地域に根差した病院だと感心しました。

高橋敏行医師の記事

椎間板ヘルニアについて 高橋敏行医師インタビュー

高橋敏行医師の椎間板ヘルニアに対する考えや、治療・安全対策について記載されています。高橋敏行医師の脳神経外科医としてのこだわりが感じ取れる記事です。

椎間板ヘルニアの症状は発症の場所、飛び出す部分がどこを圧迫するかにより症状に違いあるとのこと。飛び出した部分が上肢に向かう神経「神経根(しんけいこん)」の場合は首や肩甲骨周囲に痛みが走り、その後手や腕のしびれといった症状が出るそうです。症状が進行すると手足全体のしびれ・歩行障害・排泄障害が起こることも。手足に症状が出るなら専門医を受診し、MRIで画像診断を受けることをおすすめしています。

手術ではすべての症例で顕微鏡を使用。拡大した視野で出血を最小限に抑えながら、安全に圧を取り除いくそうです。術式神経モニタリングを使用し、電気刺激で神経に悪影響が出ていないか、正常に機能しているかを常に確認しながら手術は行なわれています。

参照元:関節が痛い.com:先生があなたに伝えたいことURL(https://www.kansetsu-itai.com/doctor/doc240.php)

藤枝平成記念病院の基本情報

対応可能な治療方法 頸椎前方到達法
実績 腰椎椎間板ヘルニア手術1,925件、頸椎椎間板ヘルニア手術508件(2016年)※1
※1 藤枝平成記念病院公式HPより(http://www.heiseihp.com/center/spinal-cord/)
所在地 静岡県藤枝市水上123-1
診療時間 平日7:30~11:30、14:00~16:30/土曜7:30~11:30
休診日 日曜日・祝祭日

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

中部の頚椎椎間板ヘルニアの名医【愛知・静岡近郊】

TOP