menu

あいち腰痛オペクリニック

このページでは、頚椎椎間板ヘルニアの名医がいるクリニック「あいち腰痛オペクリニック」について紹介しています。

あいち腰痛オペクリニックの強み&頚椎椎間板ヘルニア治療の特徴

あいち腰痛クリニック公式HP

引用元:あいち腰痛オペクリニック公式HP(http://www.itoortho.jp/)

全国有数の背骨治療実績

あいち腰痛オペクリニックは、背骨治療において全国トップクラスの年間1,300件以上の手術実績を誇る背骨専門の医師集団ともいえるクリニックです。読売新聞(2010年12月5日付)では、椎間板ヘルニアの手術件数で全国第1位、脊柱管狭窄症の手術でも第9位と紹介されています。

満足のいく医療サービスを提供するため、最新の医療技術を用い、高品質の設備や材料を使用することから、検査・手術とも自費診療となっています。費用面で不安のある人は、あらかじめクリニックに相談してみてください。

安全性の高い手術&脊椎精密検査で万全に

あいち腰痛オペクリニックが行なう手術は切開が非常に小さく、骨・筋肉・靭帯の切除と神経・血管への接触を最小限に抑えることから、身体への負担が極めて少ないうえに後遺症もなく、安全性も高い手術法が特徴です。また、最短で1泊と入院期間が短く、回復が早いため、スムーズに仕事や家庭への復帰ができます。

脊椎ドック(脊椎精密検査)にも対応しており、MRI・CT・動態写真等の精密画像診断法と脊椎専門医による神経学的診断法で、脊椎の異常や状態を細かく調べます。大動脈瘤の有無、内臓由来(実質癌)の腰痛等も調べられるので、体の不調を感じることが増えた人が不安を取り除く意味でもおすすめです。

あいち腰痛オペクリニックの頚椎椎間板ヘルニア治療の名医

伊藤全哉医師

医学博士、日本整形外科学会専門医・脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会指導医、そして日体協公認スポーツドクターです。治療技術の高さが注目を集めており、多数のメディアにも出演している伊藤全哉医師。日本整形外科学会専門医や脊椎脊髄病医、日本脊椎脊髄病学会指導医、医学博士などの資格を保有しています。これらの資格は、各学会から腕が確かだと実力が認められた証です。得意とする治療方法はレーザー治療と内視鏡を使用した摘出手術。

ヘルニアのレーザー治療はそれぞれに長所・短所があり、ヘルニアの程度によって使い分ける必要があります。治療方法の特徴を踏まえた上で、自身にあった治療法を選ぶようにしましょう。また、各治療法ごとにそれを得意とする名医がいるので、当サイトの名医まとめもぜひご覧になってみてください。

所属学会

  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本脊椎脊髄病学会指導医
  • 日体協公認スポーツドクター

頚椎椎間板ヘルニア
各治療法の名医まとめを見る

伊藤全哉医師とあいち腰痛オペクリニックの口コミ・評判

  • ひどかったヘルニアが治りました
    頚椎椎間板ヘルニアを患い、治療を悩んでいたところ新聞の広告であいち腰痛オペクリニックを見つけました。私の症状は重度だったのですが、手術をしてから入院は1週間ほどで済み、すぐに退院。手術から2年ほど経ちますが痛みを感じることはありません。手術を担当した医師やスタッフの方に感謝の気持ちでいっぱいです。
  • 長年の痛みと別れることが出来ました
    私は重度の椎間板ヘルニアを発症してから、ずっと腰痛に悩んでいました。他の病院で手術をしたことはありますが、何度も再発…。そんなとき、針治療の先生からこちらの病院を勧められて、藁にもすがる気持ちで治療することにしました。手術はあっという間に終わり、入院も一泊二日のみ。手術をしてから1年が経とうとしていますが、経過は良好です!
  • 今は痛みを感じることはありません
    ストレッチをすると痛みを感じるようになり、おかしいなと思い受診すると腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。はじめはブロック注射治療をしていましたが、改善せずに手術を受けることに。手術は成功して痛みを感じることはありません。執刀してくれた先生方、本当にありがとうございました。

伊藤全哉医師の著書

脊椎椎間板ヘルニアは内視鏡で治す―たった「3ミリ」で手術ができる!?/伊藤全哉

引用元:あいちせぼね病院 http://www.itoortho.jp/about/media.html

脊椎椎間板ヘルニアは内視鏡で治す―たった「3ミリ」で手術ができる!?

体に優しい最新技術を治療に活かすことをモットーとし、国内外から腰痛・首痛の患者が訪れる伊藤全哉を特集した書籍。背骨の病気の基礎知識や最先端の治療方法、背骨のトータルケアについて書かれています。

伊藤全哉医師の記事

医療法人全医会 あいち腰痛オペクリニック 伊藤 全哉 副院長

伊藤全哉医師が2017年4月にあいちせぼね病院を隣地に開院することについてインタビューした記事です。開院するあいちせぼね病院だけでなく、あいち腰痛オペクリニックで行なっているヘルニア治療の内容についても語っています。 伊藤全哉医師が患者に体だけでなく、心も良くなって欲しいという思いを垣間見ることが可能です。

参照元:九州医事新報 http://k-ijishinpo.jp/article/2017/201701/003041.html

医療法人全医会 あいち腰痛オペクリニック 伊藤 全哉 副院長

腰痛や肩凝りなどの日常生活に潜む痛み。その痛みで悩んでいる方を救いたいという伊藤全哉医師の思いがまとめられた記事です。痛みを治療するだけでなく、予防の知識を身につける必要性についても書かれています。

参照元:ドクターズ・ファイル https://doctorsfile.jp/h/183645/df/1/

あいち腰痛オペクリニックの基本情報

対応可能な治療方法 PLDD経皮的レーザー椎間板減圧術、PECD(前方アプローチ)経皮的内視鏡下頚椎椎間板ヘルニア摘出術、PECF経皮的内視鏡下頚椎椎間孔拡大術、ACDF頚椎前方除圧固定術、頚椎椎弓形成術、低侵襲固定術(MIS-TLIF/PLIF)、経皮的椎体形成術(BKP)ほか
実績 PECF(経皮的内視鏡下頚椎椎間孔拡大術)53件、PECD(経皮的内視鏡下頚椎椎間板摘出術)21件、MECL(内視鏡下頚椎椎弓拡大術)4件、MECF(内視鏡下頚椎椎間孔拡大術)6件、Cervical Laminotomy(頚椎椎弓拡大術)37件、ACDF(頚椎前方除圧固定術4件)/平成28年※1
※1 あいち腰痛クリニック公式HPより(http://www.itoortho.jp/images/pdf/ope_number.pdf)
所在地 愛知県丹羽郡扶桑町大字高雄字郷東41
診療時間 8:00~12:00、14:00~16:00
休診日 木・日・祝日

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

中部の頚椎椎間板ヘルニアの名医【愛知・静岡近郊】

TOP