menu

編集方針

頚椎椎間板ヘルニアの名医に関する情報を発信する目的

当サイト「頚椎椎間板ヘルニアの名医を探せ!つらい首の椎間板ヘルニアを治すための情報サイト」は、「頚椎椎間板ヘルニア」で苦しみ、手術を検討している方に向けて、全国各地のヘルニア治療の名医がいる病院をご紹介しています。また、ヘルニア治療を受けるにあたって役立つ情報として、治療法や治療体験談についてもまとめています。本サイトの情報が少しでもみなさんのお役に立つことができれば幸いです。

記事の信ぴょう性

当サイトは、できるだけ正しい情報を発信することを目指しており、各クリニック・病院の公式HPならびに、下記の情報元を参考に作成しています。

記事の作成方針

目指しているのは、医療知識を持たない方でもわかりやすい記事の作成です。また、正確な情報の伝達を心掛けています。

当サイトでご紹介した名医が在籍する学会の紹介

日本脊椎脊髄病学会

日本脊椎脊髄病学会は、脊椎脊髄疾患に関連する研究を行っています。研究者同士の交流も盛ん。交流で得た研究成果や知識を公表して世の中に普及しています。人々の健康の保持・増進に貢献することを目的として活動中です。

当サイトで紹介している名医のうち、日本脊椎脊髄病学会に参加している医師

  • 伊東信久医師(伊東くりにっく)
  • 平林洌医師(慶友整形外科病院)
  • 加藤文彦医師(中部ろうさい病院)
  • 四方實彦医師(学研都市病院(医聖会))
  • 大田快児医師(品川志匠会病院)
  • 平泉裕医師(品川志匠会病院)
  • 袖山知典医師(船橋整形外科病院)
  • 大内純太郎医師(船橋整形外科病院)
  • 馬場医師(岩井整形外科内科病院)
  • 唐司医師(岩井整形外科内科病院)
  • 宮島久幸医師(目黒ゆうあいクリニック)
  • 小谷敏明医師(聖隷佐倉市民病院)
  • 佐久間毅医師(聖隷佐倉市民病院)
  • 山田宏医師(和歌山県立医科大学附属病院)
  • 湯川泰紹医師(和歌山県立医科大学附属病院)
  • 冨士武史医師(大阪厚生年金病院)
  • 森幹士医師(滋賀医科大学附属病院)
  • 青野博之医師(大阪医療センター)
  • 松田康孝医師(北野病院)
  • 齋藤貴徳医師(関西医科大学附属滝井病院)
  • 中原真二医師(米盛病院)
  • 藤原将巳医師(佐田病院)
  • 髙橋雄一医師(新小文字病院)
  • 有薗剛医師(九州中央病院)
  • 井口明彦医師(九州中央病院)
  • 小西宏昭医師(長崎労災病院)
  • 馬場秀夫医師(長崎労災病院)

日本形成外科学会

身体表面の見た目が良くない状態を改善、治療するのが形成外科です。例えば、怪我ややけどの治療、手術で失った身体の組織や機能の再生など。日本形成外科学会では、形成外科医が治療している病気を広く知ってもらうため、市民公開講座を行ったり、HPで疾患を紹介したりといった活動をしています。

当サイトで紹介している名医のうち、日本形成外科学会に参加している医師

  • 伊東信久医師(伊東くりにっく)

日本レーザー医学会

レーザーを用いた治療は幅広い分野で実施されています。日本レーザー医学会では、レーザーに関連した医学や生物学、工学の研究と技術の向上のために活動中。学術大会といった活動・交流を通して医学と医療の発展を推進し、社会に貢献することを目的としています。

当サイトで紹介している名医のうち、日本レーザー医学会に参加している医師

  • 伊東信久医師(伊東くりにっく)
  • 本城昌医師(本城整形外科)

国際レーザー医学会

レーザー療法に関する知識や研究、その普及を目的として国際的に活動している学会です。多くのレーザー協会と協力して次世代の教育に尽力。さらにレーザーをつかった新たな治療法の開発、臨床研究にも取り組んでいます。

当サイトで紹介している名医のうち、国際レーザー医学会に参加している医師

  • 伊東信久医師(伊東くりにっく)

日本脊椎・脊髄神経手術手技学会

高い医療レベルを目指し、整形外科と脳神経外科の垣根を払って情報を公開しています。年に一度開かれている学術集会は、海外からも多くの医師が参加。さらに手術手技セミナーも開いており、常に自分たちの知識や技術を磨いています。

当サイトで紹介している名医のうち、日本脊椎・脊髄神経手術手技学会に参加している医師

  • 大田快児医師(品川志匠会病院)
  • 平泉裕医師(品川志匠会病院)
  • 青野博之医師(大阪医療センター)
  • 藤原将巳医師(佐田病院)
  • 髙橋雄一医師(新小文字病院)

日本整形外科学会

超高齢社会の日本では、高齢者の骨粗鬆症や骨折、膝関節や脊椎椎間板などの退行・変性が課題となっています。日本整形外科学会は整形外科学の進歩や普及、発展を目的として設立されました。運動器の機能維持、改善を支援するため、適切な医療を提供できる専門医の育成を目指しています。

当サイトで紹介している名医のうち、日本整形外科学会に参加している医師

  • 平林洌医師(慶友整形外科病院)
  • 加藤文彦医師(中部ろうさい病院)
  • 四方實彦医師(学研都市病院(医聖会))
  • 大田快児医師(品川志匠会病院)
  • 平泉裕医師(品川志匠会病院)
  • 袖山知典医師(船橋整形外科病院)
  • 大内純太郎医師(船橋整形外科病院)
  • 馬場医師(岩井整形外科内科病院)
  • 唐司医師(岩井整形外科内科病院)
  • 宮島久幸医師(目黒ゆうあいクリニック)
  • 小谷敏明医師(聖隷佐倉市民病院)
  • 佐久間毅医師(聖隷佐倉市民病院)
  • 山田宏医師(和歌山県立医科大学附属病院)
  • 湯川泰紹医師(和歌山県立医科大学附属病院)
  • 冨士武史医師(大阪厚生年金病院)
  • 今井晋二医師(滋賀医科大学附属病院)
  • 森幹士医師(滋賀医科大学附属病院)
  • 漆谷信治医師(医誠会病院)
  • 青野博之医師(大阪医療センター)
  • 井尻慎一郎医師(井尻整形外科)
  • 松田康孝医師(北野病院)
  • 石田仁志医師(水無瀬病院)
  • 齋藤貴徳医師(関西医科大学附属滝井病院)
  • 本城昌医師(本城整形外科)
  • 中原真二医師(米盛病院)
  • 井口明彦医師(九州中央病院)
  • 小西宏昭医師(長崎労災病院)
  • 馬場秀夫医師(長崎労災病院)

日本脳神経外科学会

脳神経外科学に関連した理論やその応用についての研究発表、知識の交換などの学術交流を実施。脳神経外科学の進歩・普及に努めています。学術の発展への寄与によって、日本の福祉に貢献することを目的に活動中です。

当サイトで紹介している名医のうち、日本脳神経外科学会に参加している医師

  • 古閑比佐志医師(岩井整形外科内科病院)
  • 高山柄哲医師(大津市民病院)
  • 佐々木学医師(医誠会病院)
  • 髙橋雄一医師(新小文字病院)

日本医師会

47都道府県医師会の会員で組織されている学術専門の団体。医学や医術の発達、公衆衛生を向上によって、社会福祉を充実させるために、HP上で情報を公開したり、研修会を開催したりといった活動を行っています。

日本外科学会

外科学に関連する団体との学術研究を行い、医療の進歩に貢献するため活動している学会です。人々の健康と福祉に役立てることを目的としており、外科専門医の育成、外科医療の情報提供といった活動に取り組んでいます。

日本臨床外科学会

日本臨床外科学会は、臨床外科学や外科医療の進歩・発展を推進させる目的に設立されました。目的を達成するため、会員の研究発表やセミナーの開催、会誌の刊行といった活動に取り組んでいます。

日本血管外科学会

欧米の専門施設に留学していた血管外科医が帰国したことをきっかけに、国内でも普及していったのが血管外科です。日本血管外科学会は、国際的な視野に立って血管外科における質の良い医療を提供することで、1人ひとりの健康と福祉の充実を目指して活動しています。

日本消化器外科学会

胃や腸、食道などの消化器系臓器に問題が起きた場合に診断や治療を行うのが消化器外科です。日本消化器外科学会では、消化器外科学に関する学術文化や医療の発展に貢献し、消化器外科学の研究や教育、診療を向上させることを目的としています。

日本脈管学会

日本脈管学会は日本で初めて設立された学会です。目的は診療科目や分野が異なる医学、科学技術の領域などを広く包括して、脈管系に関する問題を議論すること。研究の成果を社会に還元し、次世代を担う研究者を育成するための活動に取り組んでいます。

日本癌学会

がん研究の発達を図るため、がんの基礎研究から社会医学を研究している人まで、さまざまな立場の人が集まっている学会です。学術総会や市民公開講座、シンポジウムの開催など精力的に活動しています。

日本癌治療学会

日本癌治療学会は、会員数17,000人にも及ぶ日本で最も大きな関連学術団体です。日本人の2人に1人ががんを患う時代になり、ニーズに即した診療や研究、人材の育成の基盤として社会から期待されています。

日本大腸肛門外科学会

大腸肛門病学に関する研究や教育、診療を向上させるために昭和15年に「日本直腸肛門病学会」が創立。その後、昭和41年に「日本大腸肛門病学会」に改称し現在に至ります。国民の健康と福祉に貢献することを目的として活動中です。

日本抗加齢医学会

日本抗加齢医学会は「健康長寿のための医学」を推進する学会です。加齢のメカニズムを分析し、効果的なアンチエイジングの介入を研究。人々の健康を高めて、老化を予防することを目的に、学術集会や講習会などの活動に取り組んでいます。

日本リハビリテーション医学会

臓器レベルでの機能改善や住環境の整備など、多方面からのアプローチで健康寿命の延伸することがリハビリテーション医学の重要な役割です。この役割を果たすために、市民公開講座といった活動に取り組んでいます。

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

厳選!頸椎椎間板ヘルニアの名医がいる病院5選 ⇒詳しく見る

TOP